上野動物園の入場券がおトクに♪ WEBかららくらくチケットGET!
キリンの目の前のベンチ

キリンの目の前のベンチ きりんのめのまえのべんち

施設の情報

しせつについて

キリンの目の前のベンチ

上野動物園の人気者、キリンさんのえさやりの時間になると、飼育スペースの周りはたくさんの子どもたちでいっぱいになってしまいます。
ただ、キリンさんはとっても背が高いので、キリンコーナーの目の前にあるベンチからでも、のんびりしっかり見ることができます!

小さなお子さん連れの方は、ベンチから座ってゆっくりキリンさんのお食事風景を見るのがおすすめです。
キリンさんが、長い首を器用に動かして食べる姿を観察することができます。

東園からたどり着いた頃には足がクタクタ。。。ホッと一息つけるスポットでもあります。

これをしってたらもっと楽しい

まずは総合案内所をチェックです!

上野動物園に来たら、まずチェックすべきなのは、キリンさんなどの動物のえさやりの時間です。
えさやりの時間は公表されていませんが、まずは東園にある「総合案内所」でたずねてみましょう!

これからエサをやるのではないかという動物を教えてくれます。

キリンの呼び方は上野動物園がきっかけ!

キリンは英語で「ジラフ(giraffe)」と言います。
ジラフが想像上の動物である「キリン」と呼ばれるようになったのは、上野動物園がきっかけなんです。

明治39年、ドイツ人商人からジラフの購入を持ちかけられた当時の園長は、「中国の霊獣【麒麟(きりん)】が見つかった」として法外な値段を支払い、キリンを迎え入れました。

これ知ってる?

明治40年3月、日本で初めてキリンが船で横浜港に到着しました。
上野動物園までは汽車で運ぶことになっていましたが、首が長すぎたため、巨大な大八車に乗せて運んだそうです。

今はキリンの移動はトラックで行いますが、首が長くてトンネルを通れないので、3歳以下の小さい頃に移動させるそうです。

どこにあるの?

キリンの目の前のベンチのあるところ きりんのめのまえのべんちのあるところ

位置情報
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る