イソップ橋

イソップ橋 いそっぷばし

施設の情報

しせつについて

イソップ橋のかめ

上野動物園の西園と東園をつなぐイソップ橋。

橋の名札の上には小さな灯りがともされていて、その装飾に二匹の動物があしらわれています。それがウサギとカメです。

実はこれ、イソップ物語のウサギとカメから取り上げられているのです。
モノレールを使ってスピーディに西園と東園を行き来するよりも、ゆっくりと、動物の銅像を眺めながら橋を渡っていくのはいかがでしょうか?

地上から上野動物園を眺められる貴重な場所ですよ。

利用者の声

クイズをだして楽しめた!

ウサギとカメの銅像があるということを事前に知っていたので、子供を連れて行った時に、「ウサギさんとカメさんはどこにいるかな?」とクイズをしながら歩いていました。
カメもウサギも意外とリアルに作られていてとてもびっくりしました。子供も感動していました。

上野の風景を楽しめる!

意外と知られていないみたいですが、イソップ橋の上から不忍池を眺めるのがうちの家族の楽しみです。
緑とその先にある綺麗な池、さらにその先にはオフィスビルが取り囲んでいます。ここから眺める上野の風景は格別です。

東園からがおすすめです♪

子供が小さかった時はいつもモノレールで東園と西園を渡っていましたが、歩けるようになったときに、イソップ橋を使ってみました。
西園から渡ると登り坂が多くてビックリ、東園から西園に向かうときに利用した方がいいですよ。

どこにあるの?

イソップ橋のあるところ いそっぷばしのあるところ

位置情報
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る