夜の森

夜の森 よるのもり

施設の情報

しせつについて

夜の森の入口

上野動物園の東園にある「夜の森」は、隠れた名スポットとしてひそかに人気を集めています。
ここでは、コウモリをはじめとする、暗闇の中で過ごす動物たちに会えます!
小さいお子さんだと怖い思いをするかもしれませんが、ある程度のお兄ちゃん、お姉ちゃんであれば日頃出会えない動物を目にする冒険気分を味わえます。
館内は真っ暗で、写真撮影はほとんどできません。ここの森に住む動物たちは光が苦手なので、撮影しようとしてフラッシュだけは焚かないように、気を付けてくださいね。

これをしってたらもっと楽しい

中はまっくらなんだ!

東園の「夜の森」と西園の小獣館地階は、昼夜を逆転させて夜行性動物を飼育している施設です。

昼間は室内を真っ暗にすることで動物たちに「夜」だと思わせ、夕方になるとライトをつけて明るくし、「昼」だと思わせているのです。

目をこらしてみてみてね!

夜行性の動物といって思い浮かぶのは、なんといってもコウモリでしょう。

東園の「夜の森」にはデマレルーセットオオコウモリが49頭、小獣館地階にはセバタンビヘラコウモリが27頭も飼育されています。
神秘的な姿をぜひ観察してみてくださいね。

夏は「夜の動物園」がやってるんだよ!

夏場は、上野動物園全体で開園時間を延長し、夜の動物たちの知られざる姿を観察したり、園内の豊かな自然の中での夕涼みを楽しむなど、昼間とは違った夜ならではの動物園が楽しめる「夜の動物園」も例年開催されています。

どこにあるの?

夜の森のあるところ よるのもりのあるところ

位置情報
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る