上野動物園の入場券がおトクに♪ WEBかららくらくチケットGET!
サーラータイ

サーラータイ さーらーたい

施設の情報

しせつについて

日光を浴びて輝くサーラータイ

サーラータイは、独特の屋根や装飾をもつ東南アジアのタイ風の東屋です。
四方の柱に、豪華な装飾の屋根がエキゾチック。とても立派な建物なので、遠くからでもすぐに見つけられます。
サーラータイは、平成19年に日タイ修好120周年を記念してタイ政府から贈呈されました。中に入ってみると、天井にも装飾が施され、とってもきれいでユニークです。
サーラータイの前で写真を撮って「タイに行ってきたの♪」なんてお友達に自慢できちゃうかも?!

これをしってたらもっと楽しい

キラキラのサーラータイ

日中、お天気がとてもいい日は特に、日光に照らされてきらきら輝くサーラータイを見ることができます。
とても目立つ建物なので、見逃しちゃうことはまずないかも?
夏は、サーラータイの日陰で涼んだり、冬場はまわりの景色をゆっくりみつめるための、穴場のんびりスポットですよ♪

パンダのそばにありますよ!

サーラータイはどこ?正門から入るとすぐに右手にパンダ舎があり、その隣にあります。
臨時門からは入ってすぐ左に位置します。パンダは上野動物園で一番人気の動物ですから、ぜったいに見逃しませんよね。パンダ舎を訪れたら、サーラータイで記念撮影を。

本にもなったゾウがいました。

タイからやってきた象の花子は、第2次世界大戦中の1943年9月11日に上野動物園で亡くなりました。花子のお話は「かわいそうなぞう」として、教科書にも採用されています。日本人にとって象の花子はシンボルとも言うべき存在で、その後も来日した何頭もの象が「花子」と名付けられました。

どこにあるの?

サーラータイのあるところ さーらーたいのあるところ

位置情報
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る