上野動物園の入場券がおトクに♪ WEBかららくらくチケットGET!
五重塔

五重塔 ごじゅうのとう

施設の情報

しせつについて

そびえたつ五重塔

動物園内に立つ五重塔です。寛永8年に東照宮の堂宇の一つとして建設されました。
明治になって寛永寺の所有物になり、昭和33年に東京都に寄付されたという歴史があります。建造物としてもとても価値があり、江戸初期における塔婆建築の典型的な事例となる建築物として海外からの観光客にも人気です。
また、四季折々の表情を楽しめることでも有名で、特に桜の季節が最も人気。
近くにいるシカは、他の動物たちと少し離れているので見落としがちですが、シカと桜に囲まれた五重塔は一見の価値ありです。

利用者の声

知らなかった!

いつもは表門を入ってすぐ右側へ、パンダ舎の方を見ながら進んでいました。
先日、特別天然記念物のニホンカモシカを見てみようと反対側を進んでみると、動物園内に五重塔が!さらに、その姿はとても立派で二重に驚きました。

まるで絵画みたい。

五重塔は高さのある建造物なので、近くで見るのもいいですが、少し離れてみても全体を見渡せてとてもきれいです。

特に桜の季節は、ピンク色と重厚な色合いの五重塔が相まって、まるできれいな絵画を見ているようでした。

大迫力の五重塔。

動物園の外からもこの五重塔は見えますが、周りの木に邪魔されてしっかりとみることはできませんでした。
一度動物園の中から見たら圧巻。再建されたものであっても、近くで見たら建造物としての迫力は抜群です。建造物好きはぜひ動物園の中から見ることをお勧めします。

どこにあるの?

五重塔のあるところ ごじゅうのとうのあるところ

位置情報
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る