アカカワイノシシ

アカカワイノシシ あかかわいのしし

プロフィール

アカカワイノシシの情報 あかかわいのししのじょうほう

大きさ おおきさ

およそ 58-96cm

生息地 せいそくち

サハラさばくいなんのにしアフリカのねったい雨林

体重 たいじゅう

およそ50-120kg

食べ物 たべもの

こんけい、おちたかじつなど、トカゲやヘビ、トリのタマゴなど

特徴 とくちょう

アカカワイノシシのからだのいろは、あかちゃいろで大人になるとせなかにはタテに白いせんがでてきます。またながくユニークなかおとながい耳をもっています。

土のにおいを嗅ぐアカカワイノシシ

ながいハナを上手につかえるよ!

アカカワイノシシはたべものを、はなのさきをつかってじょうずに土をほってさがしたり、石のしたにいるミミズやこん虫、しょくぶつのきゅうこんなどをたべます。
水のちかくにむれでくらし、夕がたになるとかつどうします。はなをスコップのようにつかって、石の下の小どうぶつやこん虫をさがします。

下を向くアカカワイノシシ

うまれたときはシマもよう!

アカカワイノシシは、すうとうからすうじゅっとうのしゅうだんでくらします。
メスは1どに3~5とうの子どもをうんでそだてます。子どもは、生まれたときはおやとおなじあかいいろではなく、ふつうのイノシシとおなじようにしまもようをしています。大人になるとともにおやとおなじあかいいろになります。

どこにいるの?

あかかわいのししのいるところ アカカワイノシシのいるところ

アカカワイノシシ
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る