アカカワイノシシ

アカカワイノシシ あかかわいのしし

口コミはこちら

プロフィール

アカカワイノシシの情報 あかかわいのししのじょうほう

大きさ おおきさ

およそ 58-96cm

生息地 せいそくち

サハラ砂漠以南の西アフリカの熱帯雨林

体重 たいじゅう

およそ50-120kg

食べ物 たべもの

根茎、落ちた果実、トカゲやヘビ、鳥の卵など

特徴 とくちょう

学名:Potamochoerus porcus
分類:偶蹄目 イノシシ科
アカカワイノシシの体の色は、赤茶色で大人になると背中には縦に白い線が出てきます。また、長くユニークなか尾と長い耳をもっています。

口コミ情報

口コミ投稿

みけっちさんの口コミ 

  • かわいい
    5.0
  • かっこいい
    3.0
  • きれい
    3.0
  • 写真映えする
    3.0
  • また会いたい
    3.0

ずっと後ろを向いていたので、後姿をしばらく見ていました。 丸いフォルムがかわいかったです。 しっぽはブタみたいな感じだと思っていましたが...

続きを読む

マイパンさんの口コミ 

  • かわいい
    5.0
  • かっこいい
    2.0
  • きれい
    2.0
  • 写真映えする
    4.0
  • また会いたい
    3.0

私たち家族が上野動物園にいったときは、アカカワイノシシは、屋内で見学することができました。イノシシというと凄く強そうで怖いイメージがあり...

続きを読む

ほしりんごさんの口コミ 

  • かわいい
    5.0
  • かっこいい
    3.0
  • きれい
    3.0
  • 写真映えする
    5.0
  • また会いたい
    3.0

アカカワイノシシというのは初めて見ましたが姿が丸くてかわいかったです。 その名の通り、毛が赤茶色で飼育員の方がきっちりしているのか、きれ...

続きを読む

口コミ一覧を見る

土のにおいを嗅ぐアカカワイノシシ

ながい鼻を上手に使えるよ!

アカカワイノシシは食べ物を探す際に、鼻の先端を上手に使いに土を掘ったり、石の下にいるミミズや昆虫、植物の球根などを探し出して食べます。
鼻がスコップのような役割をしています。
水辺の近くに群れで暮らし、夕方になると活動します。

下を向くアカカワイノシシ

生まれた時は縞模様!

アカカワイノシシは、数頭から数十頭の集団で暮らしてます。
メスは1度に3~5頭の子どもを産んで育てます。子どもは、生まれた時は親と同じ赤い色ではなく、普通のイノシシと同じように縞模様をしています。大人になるとともに親と同じ赤い色になっていきます。

どこにいるの?

あかかわいのししのいるところ アカカワイノシシのいるところ

アカカワイノシシ
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る