ベニイロフラミンゴ

ベニイロフラミンゴ べにいろふらみんご

動物の動画

  • 水を飲んでいる動画 みずをのんでいるどうが

    ベニイロフラミンゴが水を飲んでいる動画
  • 遊んでいる動画 あそんでいるどうが

    ベニイロフラミンゴが遊んでいる動画
  • 水遊びしている動画 みずあそびしているどうが

    ベニイロフラミンゴが水遊びしている動画
  • お手入れしている動画 おていれしているどうが

    ベニイロフラミンゴがお手入れしている動画

プロフィール

ベニイロフラミンゴの情報 べにいろふらみんごのじょうほう

大きさ おおきさ

およそ120〜140cm

生息地 せいそくち

カリブかいえんがん

体重 たいじゅう

およそ2.2~3.5kg

食べ物 たべもの

プランクトンや小さなこうかくるい

特徴 とくちょう

えんこ(しおのみずうみ)やひがたに生そくするフラミンゴのしゅるいのひとつで、カリブフラミンゴともよばれます。からだはあざやかなべにいろですが、このいろはフラミンゴのエサであるらんそう(バクテリアのこと)のいろによってついています。どうぶつえんなどはエサにしきそを入れています。

ごはんを探すベニイロフラミンゴ

水のそばにすんでいるよ!

ベニイロフラミンゴは、ガラパゴスしょとう、コロンビアえんがん、ベネズエラおよびふきんのしまじま、ガイアナやブラジルのオレンジみさきで生かつしてふえます。
メキシコのユカタンはんとう、バハマ、イスパニョーラとう、キューバなどがあるカリブかいほくぶでも生かつしています。
ベニイロフラミンゴが気に入って生そくしているばしょは、えんせいのみずうみ(ふつうのみずうみよりもえんぶんがおおい)やひがた、ないりくのみずうみです。

群れの中でひとり眠るベニイロフラミンゴ

とってもなが生きなんだ!

ベニイロフラミンゴは5月から8月に、白いろのたまごを1つうみます。28日から32日のあいだにたまごからうまれますが、そのあいだずっとおやはたまごをあたためます。子どものフラミンゴがおおきくなるまでは、6年ありますが、おやドリであるオス・メスりょうほうが、わかいトリをまもります。へいきんじゅみょうは40年で、トリの中でももっともながく生きます。

キレイな毛色のベニイロフラミンゴ

じつは白いとりなんだ!

フラミンゴといえばピンクやオレンジ、赤っぽいイメージがありますが、じつは生まれたときには白いんです。
では、なぜ色がついているかというと、食べものにこたえがあります。
プランクトンなどのエサにふくまれている、しきそとよばれるせいぶんがからだの色になっているのです。
色がついていないエサを食べていると、もとどおり白にもどるそうです。

羽の中に足をしまうベニイロフラミンゴ

なんで1本足で立っているの?

よく1本足で立っているすがたを見ますよね。これにもしっかりといみがあるんです。
フラミンゴは見てのとおり足がとってもほそいので水の中ではたいおんがうばわれてしまいます。
そこで1本足で立ち、かたほうの足をはねの中にしまってあたためているんです。さむいときにはねているときにも1本足で立ったままねています。

どこにいるの?

べにいろふらみんごのいるところ ベニイロフラミンゴのいるところ

ベニイロフラミンゴ
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る