オオカンガルー

オオカンガルー おおかんがるー

口コミはこちら

プロフィール

オオカンガルーの情報 おおかんがるーのじょうほう

大きさ おおきさ

およそ100-150cm

生息地 せいそくち

オーストラリア東部

体重 たいじゅう

およそ30-65kg

食べ物 たべもの

草や木の芽など

特徴 とくちょう

学名:Macropus giganteus
分類:二門歯目 カンガルー科 カンガルー属
オオカンガルーはアカカンガルーとともにカンガルーの仲間では最も大きくで、別名をハイイロカンガルーとも呼ばれています。オスはメスよりはるかに大きくて、後ろ足で立ち上がると2mを超えるものもいます。

口コミ情報

口コミ投稿

みけっちさんの口コミ 

  • かわいい
    3.0
  • かっこいい
    5.0
  • きれい
    3.0
  • 写真映えする
    3.0
  • また会いたい
    3.0

カンガルーってぴょんぴょんと飛び跳ねていて、かわいいというイメージしかなかったんですが、よく見てみると、手の先が意外とするどくとがってい...

続きを読む

にょすけさんの口コミ 

  • かわいい
    5.0
  • かっこいい
    4.0
  • きれい
    3.0
  • 写真映えする
    4.0
  • また会いたい
    5.0

お腹に赤ちゃんがいるカンガルーを初めて見ました!ひょっこり出したお顔がとても可愛く、自分もお腹の袋に入ってみたいなーと思ってしまうほどで...

続きを読む

おかたさんの口コミ 

  • かわいい
    5.0
  • かっこいい
    4.0
  • きれい
    5.0
  • 写真映えする
    5.0
  • また会いたい
    5.0

尻尾が太くて、足が三本あるような感じでした。何か、土の上をほっているみたいでした。顔がとても小さくて、やさしそうな顔をしていました。お尻...

続きを読む

口コミ一覧を見る

ゆっくり歩くオオカンガルー

色々な所に住んでるんだ!

オオカンガルーはオーストラリア東部のクイーンズランド州から、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州にかけて住んでいるものと、タスマニア島に住んでいるものがあります。
群れで暮らし、オス1頭につき、2~3頭ほどのメスと子ども達2~3頭で生活しています。時には、群れ同士が集まってもっと大きな群れをつくることがあります。

お腹の袋に入った赤ちゃんとお母さんオオカンガルー

お母さんの袋の中が大好き!

オオカンガルーの子どもは生まれた時、わずか1gしかありません。
しかし産まれてすぐ、お母さんカンガルーのお腹の袋に入って10ヶ月もの間そこで暮らします。そして1年半くらい経つと、1匹で暮らし始めます。野生での寿命は10年ほどと言われています。

どこにいるの?

おおかんがるーのいるところ オオカンガルーのいるところ

オオカンガルー
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る