マレーグマ

マレーグマ まれーぐま

口コミはこちら

動物の動画

  • 遊んでいる動画 あそんでいるどうが

    マレーグマが遊んでいる動画
  • 寝転んでいる動画 ねころんでいるどうが

    マレーグマが寝転んでいる動画
  • ぽりぽりしている動画 ぽりぽりしているどうが

    マレーグマがぽりぽりしている動画

プロフィール

マレーグマの情報 まれーぐまのじょうほう

大きさ おおきさ

およそ100~150cm

生息地 せいそくち

インド、インドネシア、中国南部、タイ

体重 たいじゅう

およそ25~65kg

食べ物 たべもの

鳥やその卵、小型哺乳類、昆虫、果実

特徴 とくちょう

学名:Helarctos malayanus(エラルクトス マラヤーヌス)
分類:食肉目 クマ科 マレーグマ属
マレーグマは夜行性で、昼間は低い木の上で休んでいます。マレー語では、「高い所に座るのが好きなもの」という言葉で呼ばれています。

口コミ情報

口コミ投稿

会員さんの口コミ 

  • かわいい
    5.0
  • かっこいい
    3.0
  • きれい
    3.0
  • 写真映えする
    3.0
  • また会いたい
    5.0

オレンジ色のボール(球)を持って遊んでいる姿は、まるで「くまのプーさん」のようでした。くまのイメージを覆すくらいの愛らしさでキュンとしま...

続きを読む

マイパンさんの口コミ 

  • かわいい
    4.0
  • かっこいい
    2.0
  • きれい
    4.0
  • 写真映えする
    2.0
  • また会いたい
    3.0

上野動物園で私は初めてマレーグマを見ました。最初は檻(柵)の中のどこにいるかわかりませんでしたが、端の方の一定のエリアでずっと同じように...

続きを読む

おかたさんの口コミ 

  • かわいい
    5.0
  • かっこいい
    4.0
  • きれい
    5.0
  • 写真映えする
    4.0
  • また会いたい
    5.0

体が小さめで、ヒグマの半分以下のサイズなので、はじめは、子どものクマなのかと思ったのですが、立派な大人のクマで、マレーグマというそうです...

続きを読む

口コミ一覧を見る

木の蜜をなめるマレーグマ

甘いものが大好きなんだ!

インドネシア語では「蜂蜜くま」とも呼ばれて、強い顎で固い果物をわってこじあけて食べます。
昆虫などは、25cm~30cmもある長いベロでなめとって食べたりします。雑食性で小動物であるトカゲや鳥、卵、昆虫であるシロアリや、木の芽、木の根っこを食べます。
あとは、とにかく甘いものが大好きなので、蜂の巣や蜂蜜、果実を食べます。
動物園では、クマようのビスケットやソーセージ、果実、卵を食べています。

向こう側をみつめるマレーグマ

お母さんのお乳も大好き!

マレーグマは2年に1度、2匹くらいの子どもを産みます。
小熊の体重は、だいたい280~340gで産まれてきて、その時にはまだ毛も生えておらず、目もあいていません。産まれて50日くらいしたらようやく目が見えるようになるそうです。
お母さん熊のおなかの中に96日程度しかいませんが、お乳を飲む期間は1年半もあります。小熊は3~4年で大人になります。

木の後ろから眺めるマレーグマ

木登りが得意だよ!!

熊の仲間の中ではもっとも小さい種類の熊です。そのため、素早く身軽に動けます。
強くて大きな前足と、少し内股の後ろ足に、毛の生えていない大きな手の平、鋭く曲がったツメを上手に使って木登りをして、木の上のヤシなどを食べます。
また、穴掘りもとても上手なんです。
大きな前足でどんどん地面を掘っていき、エサのアリを見つけだします。

木にまたがるマレーグマ

おひるねがだいすき!

野生のマレーグマはジメジメとした森の中で暮らしています。そのため昼間は暑いので木の上にベッドを作って寝ています。
夜になって外敵が少なくなり、涼しくなってきた頃に地面に降りてエサを探しはじめます。
他の熊に比べて小さく、群れを作らないで暮らしているマレーグマならではの習性があるんです。

どこにいるの?

まれーぐまのいるところ マレーグマのいるところ

マレーグマ
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る