上野動物園の入場券がおトクに♪ WEBかららくらくチケットGET!
アジアゾウ

アジアゾウ あじあぞう

口コミはこちら

動物の動画

  • お話ししている動画 おはなししているどうが

    アジアゾウがお話ししている動画
  • 歩いている動画 あるいているどうが

    アジアゾウが歩いている動画

プロフィール

アジアゾウの情報 あじあぞうのじょうほう

大きさ おおきさ

およそ5.5~6.5m

生息地 せいそくち

南アジアから東南アジア

体重 たいじゅう

およそ3,000~5,000kg

食べ物 たべもの

草類、ブドウなどの果実類など、様々な種類の植物

特徴 とくちょう

学名:Elephas maximus(エレファース マークシムス)
分類:長鼻目 ゾウ科 アジアゾウ属
アジアゾウは草原やいろいろな森林地帯に生息していますが、広々とした草原が続いているようなところに多く、草原や背の低い植物の広がる場所にも暮らしています。またアジアゾウは15~20頭程の群れで生活しています。お母さんが中心の家族です。

ダヤーの写真
ダヤー だやー
メス めす

推定1977年 インド生まれ
1984年9月20日来園

特徴 とくちょう

7歳の頃にアーシャーと一緒にインドから、来園しました。
飼育係の顔を見つけると、鼻を地面に叩きつけ一声鳴いて、おしりを向けます。まるで鬼ごっこを楽しんでいるようにも見えます。
とっても頑固で強情な性格ですが、その反面、行動が分かりやすく、今はまわりのゾウの面倒を見る、よきお姉さんです。

アーシャーの写真
アーシャー あーしゃー
メス めす

推定1977年 インドうまれ
1984年9月20日来園

特徴 とくちょう

とっても物覚えが良く、しつけに関しても理解が早く、こちらがしてほしいことをすぐに行動で表してくれます。人懐っこい性格で、飼育係の姿を見つけると遠くにいてもかけよってきます。他のゾウのお姉さんのようなところがあり、何かあると飛んで行って、かばう仕草を見せる心優しい女の子です。

スーリヤの写真
スーリヤ すーりや

推定1994年 インド生まれ
2001年4月5日来園

特徴 とくちょう

2001年、7歳の時にインドから来園しました。
しっかりしつけがされているので、インドで出会ったことのない動物の姿や声を聞いて興奮することはあっても、飼育係の指示にしっかりと従います。しかし、鳩だけは好きになれないようで、近くに飛んでくると素早く向きを変え、鼻息で追い払うという、小心者な一面をもっています。

ウタイの写真
ウタイ うたい

推定1998年 タイ生まれ
2002年10月11日来園
体重:1600㎏

特徴 とくちょう

2002年、4歳の時にアティと一緒にタイから来園しました。
子ゾウなので、とても甘えん坊で寂しがり屋やな性格です。
他のゾウや飼育係の姿を見つけると、走ってきて遊んでくれとせがみます。子ゾウといっても体重が1600㎏もあります。

口コミ情報

口コミ投稿

チコさんの口コミ 

  • かわいい
    4.0
  • かっこいい
    5.0
  • きれい
    3.0
  • 写真映えする
    4.0
  • また会いたい
    5.0

ゾウさんに会いたい!と子どもたちは動物園に行く度に絶対に言います。今回も、見るなり、でっか〜っ!!と興奮気味の子どもたち。さらに、ぞうさ...

続きを読む

きのこさんの口コミ 

  • かわいい
    4.0
  • かっこいい
    5.0
  • きれい
    4.0
  • 写真映えする
    5.0
  • また会いたい
    5.0

表門近くのパンダを見た後、すぐ近くにゾウがいたので「ゾウさんだー!」とこどもが走っていきました。たまたま柵の近くに来ていたので、ものすご...

続きを読む

ささこうさんの口コミ 

  • かわいい
    5.0
  • かっこいい
    5.0
  • きれい
    4.0
  • 写真映えする
    5.0
  • また会いたい
    5.0

表門すぐのところにいるゾウさん達。展示場所は広いので、人気者のゾウさんですが近くで見ることができました。のんびりゆったりお散歩していまし...

続きを読む

口コミ一覧を見る

砂浴びをするアジアゾウ

とっても力持ちなんだ!

学名のElephas(エレファース)は「ゾウ」、maximus(マークシムス)は「最大の」という意味があり、アジアゾウはゾウのなかでも「一番大きいゾウ」って言われるくらい力持ちです!
アジアゾウは頭もとってもよくて、東南アジアでは、昔から人間と一緒に仕事をしていることも多く、震災などがあった場合にアジアゾウの力を借りて大きな荷物を運んだり、道路や畑の整備をすることもあります。
最近では、足し算やお絵描きをするアジアゾウもいます。

柵に頭をすりよせるアジアゾウ

他のゾウとはちょっと違うんだよ!

アジアゾウの鼻のしわはあまり盛り上がったりしません。鼻の先の上に突起が1つだけあります。
アフリカゾウとマルミミゾウは突起が上下に2つありますが、1つだけなのはアジアゾウだけです。また頭に2つのコブがあるのも、前足のひづめが5本、うしろ足には4本だけなのもアジアゾウだけです。

つぶらな瞳で見つめるアジアゾウ

なぜ大きいの?耳のヒミツ!

ゾウの耳がなぞ大きいかというと、ウチワみたいにパタパタして涼しくするために大きくなりました。ホントです。
ゾウの耳には血管がたくさんあり、パタパタと動かして風を当てることで血液を冷やしたりして体温の調節をしています。
冬の寒い時には耳の裏側を身体にピッタリとくっつけて対策をしています。
気温が27℃を超えると耳を動かしだし、32℃を超えるとしょっちゅう動かすようになります。
それ以外にも、大きな耳で日陰を作ったりして暑さ対策をしています。

水浴び中のアジアゾウ

とにかくいっぱい食べます!

草食性の動物で、木の枝や葉っぱ、皮、草などを主に食べています。
動物園では乾燥させた草や、とうもろこし、人参、サツマイモ、リンゴなどを食べています。
どれくらいの時間食べているかというと、なんと1日に18時間も食べると言われています。
長い鼻では1回に10リットルもの水を吸い込むことができて、1日に200リットル以上も水を飲んでいます。
あの大きな身体はこうやってつくられているんですね。

りっぱなツノのアジアゾウ

オスのゾウの呼び方!

インドでは、オスのアジアゾウをキバの長さや太さで呼び方を分けています。
・モガ(キバがない)
・マカナ(短いがキバが少しだけある)
・シャクナダートル(太くて、やや長いキバがある)
・ガネッシュダートル(キバが1本だけある)
・ダートル(長いキバが2本ある)

どこにいるの?

あじあぞうのいるところ アジアゾウのいるところ

アジアゾウ
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る