ハシビロコウ

ハシビロコウ はしびろこう

口コミはこちら

動物の動画

  • 歩いている動画 あるいているどうが

    ハシビロコウが歩いている動画
  • 動かない動画 うごかないどうが

    ハシビロコウが動かない動画
  • 飛ぶ動画 とぶどうが

    ハシビロコウが飛ぶ動画
  • 歩いている動画 あるいているどうが

    ハシビロコウが歩いている動画

プロフィール

ハシビロコウの情報 はしびろこうのじょうほう

大きさ おおきさ

およそ100~140cm

生息地 せいそくち

アフリカ大陸の草原地帯

体重 たいじゅう

およそ4~7kg

食べ物 たべもの

川魚、カエル、ヘビ

特徴 とくちょう

ゆったりとした動きで、銅像のように動きを止めてじっとしています。動かない鳥として知られていますが、羽を広げるととても大きいので、獲物を狙う時に警戒されないように普段はじっとしているそうです。頭のてっぺんには寝癖のような羽があったりと憎めない鳥なんです。
アサンテの写真
アサンテ あさんて
メス めす

特徴 とくちょう

右足に黄色のリングが1つ付いているのが目印。
くちばし全体に細かな模様があり、下唇が白いのが特徴です。

シュシュ・ルタンガの写真
シュシュ・ルタンガ しゅしゅ・るたんが
オス おす

特徴 とくちょう

右足に赤色のリングが2つ付いているのが目印。
くちばし全体が白っぽく大きいです。グレーの目が特徴です。

サーナの写真
サーナ さーな
メス めす

                    

特徴 とくちょう

右足に青色のリングが1つ付いているのが目印。
くちばしには模様がなく、白っぽいのが特徴です。

ミリーの写真
ミリー みりー
メス めす

特徴 とくちょう

右足に緑色のリングが1つ付いているのが目印。
くちばし全体に模様があるが、アサンテよりも色の濃い模様が特徴です。

ハトゥーウェの写真
ハトゥーウェ はとぅーうぇ
オス おす

特徴 とくちょう

右足に黄色のリングが2つ付いているのが目印。
大きくてくちばし全体が黒っぽいのが特徴です。

口コミ情報

口コミ投稿

2017/07/27

ファンです

hapiさんの口コミ 

  • かわいい
    4.0
  • かっこいい
    5.0
  • きれい
    4.0
  • 写真映えする
    5.0
  • また会いたい
    5.0

ハシビロコウ、あいかわらずあまり動かないところが面白くて、親子共々ファンです。かならず見たくなってしまう引き込まれる動物です。顔もなかな...

続きを読む

みみママさんの口コミ 

  • かわいい
    3.0
  • かっこいい
    3.0
  • きれい
    3.0
  • 写真映えする
    3.0
  • また会いたい
    3.0

(西園エリア)なぜこの鳥が人気なのか分からずに行きましたが、見て納得。細い足でずっと動かずに、たまに首だけ動かしチラッとこちらを見てはまた...

続きを読む

2017/07/27

堂々たる姿。

ひーこさんの口コミ 

  • かわいい
    3.0
  • かっこいい
    4.0
  • きれい
    3.0
  • 写真映えする
    3.0
  • また会いたい
    5.0

なんともいえない表情にスタイル。なにがあっても動じなさうな堂々とした姿に子供と釘付けでした!子供はだるまさんがころんだーと遊んでみたり。...

続きを読む

口コミ一覧を見る

羽をふくらませるハシビロコウ

とっても落ち着いているんだよ!

鳥の中でも、羽ばたく回数は少なく、1分間で150回程度とゆっくりしています。
そして、長く飛ぶことは稀です。あまりにもじっとしているので、飛べないのかな?って思われてしまうこともありますが、実は飛ぶのがとても上手で、首をすくめて飛ぶようです。
ですが、普段はじっとしていて、なにかに驚いたりした拍子に100~150メートルも飛ぶようです。
よく観察してみると、目をパチパチさせてみたり、あくびをしていたり、くちばしをパクパクしながら毛繕いをしていたり。ご飯を食べる時には目が鋭くなってカッコいいんです。

するどい目つきのハシビロコウ

エサを捕るのが苦手です!

大きなくちばしに、鋭い目つき!魚を捕まえるのがとっても上手なのかな?と思ってしまいますが、実はとっても苦手なようです。
ハシビロコウは鳥の中でも大きく目立ってしまいます。なのでエサの魚に気付かれないように1日中じっとしているのです。
そのため、体やくちばしに藻が生えてしまう事も。。。
ただし、近づいてきた魚を捕まえる時には大きな羽を広げて勢いよくガバーっと倒れ込むようにして捕まえに行きます!でも逃げられちゃう。上手く捕まえた時は、大きなくちばしで魚を丸呑みにします。

まっすぐこちらを見つめてくるハシビロコウ

カタカタカタ、って音を出すよ!

ハシビロコウはめったに鳴きません。
ただし、クラッタリングというくちばしを叩き合わせて音を出す行動をします。
これは、威嚇や仲間との合図の為に使われています。
くちばしの模様にもそれぞれ違いがあるので見比べてみてください。

靴のようなくちばしのハシビロコウ

名前のゆらいは!

ハシビロコウの学名のBalaeniceps rex(バラエニケプス レクス)は「くじら頭の王様」という意味があり、日本では「くちばしの広いコウノトリ」という意味があります。
そこで「くちばしの広いコウノトリ」の’ばしひろコウ’からハシビロコウの名前がついたと言われています。
英名では「靴のようなくちばし」と言われています。ハシビロコウのくちばしを横から見ると確かに靴のような形をしていますね。

おひとり様なハシビロコウ

1人でいるのが大好き!

同じハシビロコウ同士でもそっぽをむいたまま少し距離をあけて過ごしています。
基本的には1羽で行動する鳥で、凄く攻撃的な性格をしているので、何羽も一緒にさせるとお互いにつつきあって喧嘩することもあります。
知らない人が近づいてきた時や、自分の縄張りに誰かが入ってくると大きな羽を広げて怖がらせようと威嚇してくることもあります。でもこれは、もっと注目してよってことなのかもしれませんね。

おじぎをするハシビロコウ

こんな動きもするよ!

首を上下に振るような動きをすることもあります。これは、仲良くなりたい気持ちをあらわしていると言われています。まるでお辞儀をしてくれているみたいですね。
攻撃的な性格のハシビロコウからお辞儀をしてもらえたらもうお友達ですね。
普段はあまり動かないですが、時間をかけてじっくり観察していればいろいろな動きをしてくれます。

どこにいるの?

はしびろこうのいるところ ハシビロコウのいるところ

ハシビロコウ
動物園の地図
拡大してみる
トップへ戻る